スリッパークラッチ

急速なシフトチェンジなどにより過度のエンジンブレーキが発生すると、リヤタイヤがロックしたりスリップしたりする場合があります。スリッパークラッチはその過度のエンジンブレーキの発生を防ぎ、ライダーの安全を守る機構となります。

急なシフトダウン時にタイヤがスリップするのを防いでくれるよ たとえば、ついていない場合…5速からいきなり2速につなぐと…エンジンの回転と合わずリヤは大暴れ! でもついていれば…エンジンの回転に合わせてリヤタイヤからの回転を抑制!

さらにアシスト機能も!

さらにスリッパークラッチには、発進時にクラッチが軽くなるというメリットもあります。

クラッチが軽くなるから女性に嬉しいですね エンジンからの回転はリヤタイヤにしっかり伝達

KTRC(カワサキ・トラクションコントロール・システム)

発進時や加速時のタイヤの空転を防ぎ、路面へ最適な駆動力が伝わるよう制御する装置となります。雨天など悪路走行時の車体安定性を高めます。

ついていないと…すべる〜 → でもついていれば…すべりにくい!雨天走行時に加速したらリヤが滑って危なかった…これがあると安心だね!

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)

急制動時にタイヤが回らなくなるのを防ぐ装置になります。走行時にタイヤが回らなくなる(タイヤがロックする)と滑っている状態になるため制動距離が長くなり、またコントロールも効かなくなるため事故や転倒の危険も高まります。それを防ぐABSはバイクにとって非常に重要な装置のひとつとなっています。

アクシデント時に安心な装置です。バイクも車と同様にABS装着義務化がはじまります。 ついていないと…急制動で追突! → ついていれば…ABSが働き制動距離が短くなる